ご挨拶·社是·経営理念

ご挨拶

いつもトップを目指して、歩んでいたい。

1949年、株式会社 富岡光学機械製造所として設立した当社は、以来レンズメーカーとして、世界のトップ水準を歩む技術力を培い、1974年ドイツ、カール·ツァイス財団と技術協力のもと、世界で高い評価を受けているコンタックス用レンズの生産を開始いたしました。さらに1983年に、京セラグループの一員に加わり、幅広くレンズおよび光学機器分野で、最高レベルの技術力を誇って参りました。

そして今日、"最高レベルの光技術"を追及するために「設計」「測定」「製造」と、技術3本柱を確立いたしました。同時に、これらを駆使して、光学産業分野から光産業分野への躍進を積極的に推進し、京セラオプテックならではの創意工夫に満ちた製品の提供に努めています。

今後とも、当社の新しい挑戦に、変わらぬご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長 山際 文規


社是

“敬天愛人”

“敬天愛人”
常に公明正大謙虚な心で仕事にあたり
天を敬い 人を愛し 仕事を愛し 会社を愛し 国を愛する心


経営理念

全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、
人類、社会の進歩発展に貢献すること。